P4
アメリカの多くのお金持ちは、自分の収入の10パーセント以上を
社会のため、公共の利益のために寄付(献金)していることは、有名な話である。

何のために財を増やすのか。
それは、自分だけの利益のためではなく、人々に役立ち、公共の利益のためという考え方が
根底に流れているからである。

聖書の中にも「純粋な宗教は、孤児ややもめの世話をする教え」とあるように
私たちは、だれかを助けるために、利益を得るように求めるのである。

だから、「自分のためだけ」ではなく、「公の思い」を持って行動することは、大切な動機である。

その基準をいつも意識するならば、道から外れることがないのである。

「あなたのいましていることを、人に話そうとする時」
あなたは自信を持って、話ができますか?

もし良心から「YES]と言えるなら、それは素晴らしいこと、
良い動機から行われている・・・ことである。

良心を大切に・・そしてそのために、
聖書があり、善悪の基準がこの世には、存在しているのだ。


人気ブログランキングへ


⇒今日のBibleの箇所