2013i-love-god_3175_1024x768年4月4日2サムエル16:11-12

ダビデは、息子に殺されそうになり、逃亡の途中で、シムイから呪いの言葉を受けました。

これは、つらい状況です。
自分子供から殺されそうになる・・・・このこと自体、親にとっては胸がかきむしられそうな悲しみでしょう。
あってはならないこと…これが人の親の心情です。

その上に、逃亡の途中、自分の過去を批判されたのです。

家来たちが進言したように、シムイを打ったとしても、誰も批判はしないでしょう。

しかし、ダビデは「創造主を信頼」しました。
必ず、主は「呪いに変えて幸せを与えて下さる」

これは、私たち「主を信じる者」の基本的な考えです。

主は私たちに「良いこと」をして下さり、
災い(マイナス)も良いこと(プラス)に変えて下さるたらを持ったお方なのです。

「マイナス」も必ず「プラス」になる

これが、私たちがj確信する「逆境の中の考え方」です。


人気ブログランキングへ


⇒今日のBibleの箇所